iPartition 2.0

マックデも出来る。パーティショニンのリサイズに便利です
Mac OS X用パーティショニングユーティリティ
iPartition 2.0[iPartition 2_0]
Leopardには対応していません。タイムマシン機能のバックアップに使用しているボリュームには絶対に作業を行わないでください。
Macでも、データを消さずにパーティションのリサイズ/作成が自由自在に出来ます。Intel CPU搭載のMacintoshに対応しており、USB、FireWire接続のハードディスク、リムーバブルディスクにも対応出来ます。


iPartition 2.0


macでも、データを消さずにパーティションのリサイズ/作成が自由自在
■ Intel CPU搭載のMacintoshに対応
■ 100種類上のパーティションの作成が可能
■ USB、FireWire接続のハードディスク、リムーバブルディスクに対応
■ 高機能デフラグユーティリティ「iDefrag Lite 2.0」付属

ハードディスクが大容量化している現在、一台のハードディスクに複数のOSをインストールして切り替えたり、システム領域とデータ領域を分離して効率のよい管理を行うことが主流になっています。
しかし、パーティションを切り直す作業をOS標準のツールを使って行うには、現在のパーティションを一旦削除して再作成、再フォーマットし、OSやアプリケーションを再インストールしなければなりませんでした。
iPartition 2.0を使用すると、ハードディスク内のデータを消さずに、パーティションのリサイズ/作成を簡単に行えるため、大幅に作業時間を短縮することが可能です。
直感的で判り易いユーザーインターフェースは誰にでも馴染みやすく、内蔵ハードディスクはもちろんのこと、外付けハードディスクやリムーバブルディスクもサポートしています。

■ 簡単操作・安心設計
iPartition 2.0を使ったパーティションサイズの変更は、非常に簡単です。
マウスを使って画面上の変更したいパーティションを選択し、リサイズハンドルを任意のサイズに動かすだけです。
iPartition 2.0は複数のパーティション変更手順を記録しておき、後で一度に実際の変更作業を行うため、ひとつのパーティション変更作業を待ってからまた次の操作といったことを繰り返す必要はありません。
また、実際に変更する前に最終的なディスクレイアウトを確認することができますので、納得のいくレイアウトになるまで安全に試行錯誤を重ねることが可能です。

■ 充実した高機能
iPartition 2.0はパワーユーザーの要求にも充分応えられます。
インスペクター パネルには選択したパーティションの様々なフラグが表示され、柔軟なパーティション管理を実現します。付属のiDefrag Lite 2.0(iDefrag 2.0の機能限定版)は、パーティション操作の前にパーティション内のデータを最適化しておくことで、作業時間の短縮、作業効率の向上を実現します。また、リサイズ後のパーティションサイズに合わせたメタデータの再配置を行うことが可能です。


その他の、格安Mac用パーツを秋葉館で探す。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック