新製品秋葉館オリジナル DDT Mirror 最新ドライブ搭載2TBが登場

新製品秋葉館オリジナル DDT Mirror 最新ドライブ搭載2TBが登場。



秋葉館オリジナル DDT Mirror 2TB ¥47,990 New!!

秋葉館オリジナル DDT Mirror に2TB新登場!!プラッタ密度333GBの新型ドライブ(Seagate ST31000333AS)を2基搭載!!しかもミラーリング(RAID 1)、高速転送ストライピング(RAID 0)もできて500GBが3万円きっての価格!!是非この機会に大容量帯を!!秋葉館オリジナル DDT Mirror 2TB




DDT MirrorはMac OS9.2.1以降/Mac OSX 10.2.8以降がインストールされたPowerMac G4からIntel Mac に対応した外付けRAIDハードディスクケースです。

Macフォーマット済み(※1)なので買ったその日からRAID 1(ミラーリング)でご使用頂けます。

※1 フォーマット済みは組込モデルのみ。ディップスイッチ設定でRAID 0、RAID 1、スパニング、ノーマルの4タイプを選択できます。
※出荷時はRAID 1(ミラーリング)設定となっております。

■ ミラーリング(RAID 1)


2つのハードディスクに同じデータをそれぞれ書き込みます。
一方のハードディスクが壊れてももう一方のディスクからデータの読み込みが可能。
ディスク故障の際はフロントパネルのLEDが赤色に点灯してお知らせします。
故障したハードディスクを新しいハードディスクに交換すると自動的にデータを再構築(Rebuild)します。

■ストライピング(RAID 0)


2つのハードディスクを1台のディスクと見なし、2つのハードディスクにデータを分割して書き込みます。
分割されたデータは同時に書き込まれていくので、同じ性能のハードディスクであれば単体で使用した場合に比べ書き込みスピードが速くなります。
搭載するハードディスクは同容量を推奨。容量の異なるハードディスクを搭載した場合、容量の小さい方にあわせます。
例:250GB+320GB=500GB(320GBを250GBとして認識)


※取扱説明書の誤表記について
2007年12月7日から12月28日の間にDDT Mirrorをご購入されたお客様の取扱説明書4ページに下記の誤りがございました。
DDT Mirrorを後方側(コネクター部を手前)から見た際、SATAコネクター左側がHDD1(上段にハードディスクを搭載)、SATAコネクター右がHDD2(下段にハードディスクを搭載)となります。

ハードディスクが故障した場合、リビルドの際に取り外すハードディスクを間違えると故障したハードディスクのデータを再構築し取り替えたハードディスクにエラーが発生する場合がございます。
くれぐれもお取り扱いにお間違えのないようお願い申し上げます。
お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますこと、心よりお詫び申し上げます。



その他の、格安Mac用パーツを秋葉館で探す。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。