Mac OS X Leopardのアップデート

ppleは、Mac OS X Leopard向けに最初のアップデートを公開し、Time MachineやFinderなどの不具合を修正した。

Apple Store(Japan)

ージョン10.5.1は現在、「Software Update」やAppleのウェブサイトから入手可能となっている。容量は110Mバイトで、Leopard公開後の3週間で報告された主な不具合の一部が解決されている。10.5.1の公開前日には、Tigerの最新アップデートであるMac OS X 10.4.11が公開されている。

 今回のアップデートが公開されたタイミングは、Tiger用に最初のアップデートが公開された時に比べて早くなっている。Leopardの発売は順調で、最初の週末でMac OS Xユーザー200万人がアップグレードした。しかし、通常、どのOSでも最初のバージョンには問題が多い。また、iPhoneを確実に予定通り出荷するためLeopardの発売予定を変更していたAppleは、同OSを10月に出荷することで追われていた。

 Time Machineは、Leopardリリース前に最も注目を浴びていた機能だと思われるが、ファイルのフォーマットや修復に関していくつかの問題が生じた。 Appleによると、新しいソフトウェアにより、512Gバイトより大きいMBR(マスターブートレコード)ハードドライブや、NTFSファイルシステムを使用するドライブのバックアップに関する問題が修正されているため、それはもう過去の話であるという。アップデートでは、復元されたファイルの一部が所定のフォルダに表示されないという問題も修正されている。


Leopardの主な新機能と改善点
・デスクトップ:Stacksを使えば、デスクトップをすっきりと整理できます。
・Finder:ファイルはCover Flowでページをめくるようにブラウズできます。
・Quick Look:アプリケーションを開くことなく、フルサイズのプレビューを表示できる。
・Time Machine:過去にさかのぼって、あらゆるファイルを復元。自動バックアップ機能
・Mail:パーソナライズされたひな型でemailを送れます。
・iChat:Photo Boothエフェクト、ビデオ背景、iChat Theaterなどの新機能。
・Spaces:アプリケーションウインドウをグループ化デスクトップを整理
・Safari 3:強化されたタブコントロールと検索機能など
・ペアレンタル・コントロール:有害なコンテンツや意図しない通信からお子様を守ることが可能。
・Boot Camp:Mac上でもWindows XPやWindows Vistaをネイティブ速度で使用することができる画期的な技術。
その他の、格安Mac用パーツを秋葉館で探す。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック